ほうれい線 青汁

あら、やだ…ほうれい線が出てるわ。

若いころはなかった目元のシワ、口元のほうれい線があるだけで実年齢よりも老けて見えるので改善したいと考える女性は多いです。

なぜほうれい線ができるのかというと、ほおを支える筋肉が衰えてくることでほおが垂れ下がってきます。すると鼻の外側から、口の両脇にかけて溝ができます。このミゾが深く目立つようになって、ずっと残ってる状態を法令線といいます。

このほうれい線をエクササイズ体操で改善するというアプローチ、美容整形クリニックなどで手術をして治療する方法があるので紹介していきますね^^


トモコ左平常顔

ほうれい線って単なるシワと思ってましたが、筋肉が衰えることによって出てくるんですね。「なんでエクササイズでしわがなくなるんだろう?」と思ったことがありますが、表情筋を鍛えることで改善するイメージなんですね。

高橋忠告

そうそう、表情筋を鍛えることで改善できるのよ、だから美容雑誌とか女性誌で顔を動かすエクササイズが紹介されてるわけ。特にベロ回し体操、あいうえおエクササイズは有名ね。

トモコ左平常顔

へえ~、そんな体操があるんですか、気になります!

表情筋を鍛えるエクササイズ

先ほども書きましたが表情筋が加齢によって衰えるのがほうれい線の原因です。そこで筋肉を鍛えることで改善する体操をご紹介します^^


【ベロ回し体操】

1.口を閉じた状態で、舌で歯をなぞるように右回りに15回まわす
2.同じように左周りに15回まわす

どこでも簡単にできるこの体操を1日2~3セットするだけで効果があります^^


【あいうえお体操】

1.声を出さなくてよいので「あ」の口で10秒キープ
2.同じように「い」、「う」、「え」、「お」で10秒ずつやる

こちらもどこでもできる上に、お金がかからないエクササイズです。1日4~5セットしましょう。

現代人は表情筋をほとんど使っていないので衰えがちです、特に無表情だったり、笑うことが少ない、人と話すことが少ない場合は、1日の間にサッパリ動かさないケースもあるので体操をして鍛えましょうーーー!


トモコ左平常顔

なるほど~どちらの体操も空いた時間で簡単にできるのが良いですね。三日坊主にならないように継続していきます!

高橋はげます

今まで表情筋を動かしてなかった人が急にやると筋肉痛になることがあるから、最初のうちは回数を減らしてやってね。またやりすぎると逆にしわの原因になるからほどほどにしてね。 

手術費用は高い

次に美容外科、クリニックでほうれい線、しわ、たるみを治療する手術について解説をしていきます。価格が高いのと、副作用、施術トラブルの可能性があるので注意が必要です。

テノール

・料金 1回3万円
・メリット 肌の調子を整え、化粧くずれを抑える
・デメリット 繰り返しの施術が必要

高周波で血管、リンパの脂肪層を温め、血液やリンパの流れをよくします。即効性がなく繰り返しの施術が必要ですが、気持ちよく、アンチエイジング、たるみ予防のため何度も受ける人が多いです。

Vシェイプ

・料金 1回3万5000円
・メリット マッサージ効果でアゴ回りがスッキリ
・デメリット 繰り返しの施術が必要

電磁波によって血液、リンパの流れを良くし、脂肪細胞の膜を破壊して流します。ただ超音波をやった後にマッサージをしないと、脂肪は吸収されずに元に戻ります。

ヒアルロン酸注入

・料金 6万5000円~
・メリット 即効性が高く、副作用がほとんどない
・デメリット 注射による色素沈着の可能性がある

ほうれい線、たるみにヒアルロン酸をダイレクトに注入することで、皮膚がふっくらしてリフトアップします。ピンポイントにたるみを改善できる上に、治療時間が10分でパッと終わるのでお手軽感があります。ちなみに1回で7ヶ月前後効果が持続します。

スレッドリフト

・料金 9万円~
・メリット 局所麻酔だけで切開しなくてよい
・デメリット 2年前後で意図が吸収される

専用の糸を皮下組織に入れて、糸の反発力をつかい皮膚を持ち上げる。切らなくてよい上に即効性が高く、翌日からメイクをすることができるのがウレシイですね。

ウルセラ

・料金 26万円~
・メリット 肌の質感もよくなる
・デメリット 痛みがある

超音波でやけど状態を意図的に作りだし、弾力性の高いコラーゲンを強制的につくる方法。シワやたるみなど目的に合わせて出来るが、価格が高いので気軽にはできないのがネックです。

サーマクール

・料金 30万円~
・メリット 治療後すぐにメイクできる
・デメリット 痛みがある

高周波でやけど状態を作り、治癒のために弾力のあるコラーゲンを強制的に作らせる方法。ウルセラは超音波で、サーマクールは高周波で行うが、どちらも効果なのが欠点です。


トモコ左汗

価格的にはテノールが1回3万円だから安いですね、そうはいってもポンと払える金額じゃないですが。ウルセラ、サーマクールだとサラリーマンの月給くらいの金額だから、とてもじゃないですが出せないですね。

高橋はげます

テノールは安いのもあるけど、エステ感覚だから人気が高いはね。Vシェイプは脂肪が多い人のたるみに効果的で、たるみを引き上げて効果を長持ちさせたいならスレッドリフトがメスも使わないからおすすめよ。サーマクール、ウルセラは効果が高いけど、値段も高いのがネックね。

ほうれい線に効く食品は?

まずほうれい線の改善を考えるなら砂糖はNGです。ただ女性は甘いモノが好きなので、100%カットするのは逆に難しいですしストレスが溜まります。なので取り過ぎはダメと意識しつつ、ほどほど甘いモノを食べるようにしましょう。

コラーゲン入りの化粧品もありますが、気になるところに塗っても肌の奥深くまでは浸透しません。なので体の中から改善する必要があります。

そんな肌のハリ、弾力に良いとされる食品は以下のようになります。


・アナゴ
・さんま
・ブリ
・ナマコ
・すっぽん
・赤ピーマン
・パセリ
・芽キャベツ
・レモン
・イチゴ
・キウイ
・ケール
・ブロッコリー
・ゆず
・パパイヤ
・アセロラ
・レバー
・うなぎ
・いくら
・たらこ



これらの食品をコンスタント食べるのは難しいんですよね(;^ω^) たま~に食べるならできると思いますが、毎日食べると言うのは難しくなってきます。

ほうれい線をなんとかしたいけど顔の体操では効果が薄そうですよね? しかしながらクリニックでの治療は価格が高いから難しいですよね? でも美容化粧品では隠すことはできても改善は難しいですよね? ただ体の中から改善しようにも先ほど紹介した食品を毎日食べるのは難しいですよね?

そこで健康、美容のためにわたしは青汁を飲んでいます。苦くてまずいイメージがあるでしょうが最近は飲みやすいモノも多いんですよ。詳しくは飲みやすい人気青汁ランキングを読んでくださいね~