夜盲症

暗いところだと目が見えずらい…

夜盲症(やもうしょう)とは夜になると目が見えにくくなる症状で、鳥目(とりめ)と言われることが多いです。
実際、私も夜盲症って言葉は知りませんでしたが、鳥目と言われたら「あ~」と言う感じでしたので(笑)


夜盲症は夜になると目が見えにくくなるので、夜間の自動車の運転で視界が悪くなり怖いというケースが多いです。夜に歩行するぶんには見えにくくてもなんとかなりますが、自動車の場合は大事故につながる危険もありますので(;^ω^)

これについては生まれつき視力が悪い子供がいるように、この目の病気も先天性夜盲症であるケース、ビタミンA不足が原因の場合があります。

先天性夜盲症は子供の頃から始まって、最終的に視力も低下する網膜色素変性症、白点状網膜症があります。また子供の頃から鳥目でも視力の低下は見られない小口病、眼底白点症があります。

原因はハッキリと分かっていませんが遺伝することもあり、生まれつきの場合は改善するのが難しいのですが、ビタミンA不足の場合はなんとかすることができますので、そちらについて解説をしていきますね~


大輔あせ

なるほど~鳥目のことを夜盲症と言うんですね~
歩くだけならまだしも自動車の運転を考えると怖いですよね、ただでさえ夜は暗くて見えずらいのに。

こういう目の病気って先天性で生まれつきだと思ってましたが、ビタミンAが不足してても症状がでるんですね。

高橋先生

ほら、寝るときに部屋の電気を消したら、しばらくすると目が慣れてくるでしょ?

あんな感じで明るい所から暗い所へ行った時、ロドプシンという物質が弱い光を感じさせてくれるのよ、そのロドプシンを身体が作るためにビタミンAが必要なの。

大輔はてな

ロドプシンとかよく分からないんですが、とりあえずビタミンAが必要ってことですね。

高橋はげます

あら、ごめんなさい、ちょっと専門的すぎたわね…ようするに

ビタミンAが不足

ロドプシンも足りなくなる

弱い光を感じられなくなる

この状態=夜盲症、鳥目

こんな感じになるわ、だからビタミンAを取ろうってわけね。

夜盲症を改善しないと危ない

先ほども書いたとおり鳥目の人は、明るい場所と比べて暗い場所での視力、視界がめちゃくちゃ悪くなります。なので寝るときでも豆電球をつけて寝ないと、トイレに行くときに足をぶつけたり、壁に扉にぶつかって痛い目に合います(;^ω^)

また夜間に自動車の運転をするときに、対向車のヘッドライトがまぶしいですし、暗くなったり、明るくなったりするので、目が慣れずに見えにくくなることもあります。

外灯やお店が多い道なら明るくて見やすいのですが、田舎のほうにいくと明かりがサッパリないところもあるので、そう言うところだと暗くて見えにくくなります。


最近はウォーキング、ランニングをする人でも夜行タスキ、ライトを手に持って運動する人が増えてますが、それでも安全対策なしで歩いてる人も見かけます。黒い服で反射材などもないとマジで見えにくいので轢いてしまわないか心配になりますね(;^ω^)

歩行者の安全対策が悪かろうが、自動車でひいてしまったらコチラが全部悪いことになるのはご存知の通りだと思います。そうなったら最後、人生棒に振りかねないので、鳥目を放置するより改善する努力をした方が良いです。

てんかんで運転中に気を失って大事故をおこした自動車ドライバーだって、病気だから仕方ないよね…とはなりませんでしたからね(;^ω^)

ビタミンAが多い食品

img_0

レバーが特に多いですが、以下のモノにビタミンAが多く含まれています、またベータカロテンは緑黄色野菜に多く含まれており、ビタミンAが不足した時にレチノール(ビタミンA)になります。

ちなみに1日の平均摂取量は男性が850μ、女性が650μとなっています。


レバー、あんこうの肝、うなぎ、ほたるいか、しそ、あなご、クリーム、カマンベールチーズ、卵黄、ウズラ卵、バター、にんじん、ホウレンソウ、しゅんぎく、モロヘイヤ、チンゲンサイ、のり、とうがらし、抹茶

これらの食品にビタミンAは多く含まれているので、これらの食品をコンスタントにとっても良いです^^

ただ過剰に取りすぎと頭痛、吐き気、脂肪肝などの症状が出ることもあるので、これらの症状がでてきたらストップをかけた方が良いですね~


大輔あせ

パッと見た感じで毎日のように食べる食品って少ないですね~
レバーは苦手なので食べれないし、ウナギやアナゴもたまにしか食べないので、ニンジンや卵くらいかなしょっちゅう食べてるのって。

高橋忠告

現代人はごはん、お肉、魚はよく食べるけど、ビタミンやミネラルは不足しがちなのよね。大輔さんみたいに食べる食品に偏りがある人が多いから、どうしても栄養素バランスが悪くなっちゃうのよね。

青汁を飲むのもあり

img04

私がそうなんですがレバー、肝は苦手なんですよね、また野菜が苦手という人は多いので、私みたいに青汁を飲むのもありかな~と感じます。

卵黄、ウズラ卵、バター、にんじん、ホウレンソウ、しゅんぎく、モロヘイヤ、チンゲンサイ、のり、とうがらし、抹茶、レバー、あんこうの肝、うなぎ、ほたるいか、しそ、あなご、クリーム、カマンベールチーズなどの食品を、毎日コンスタントに食べるのって難しいと思うんですよね(;^ω^)


夜盲症で夜道が見えにくく、どこかにぶつかってしまうくらいなら自分が痛いだけで済みますが、自動車の運転で事故をしてしまったら目も当てられません。

そう考えるとたかが鳥目、されど鳥目ということで改善をした方が良いと感じます。特に先天性夜盲症じゃなくてビタミンA不足が原因ならなおさらです。

青汁はビタミンAにかぎらずC、E、K、B群、ナトリウム、葉酸、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルも豊富に入っているので、健康にも良いのがポイントです。

青汁っていうと苦くてマズいイメージがあるので、それなら緑黄色野菜を食べた方がイイって人もいるでしょうが、最近では飲みやすいモノも発売されていますので、興味がある方は当ブログの記事をアレコレ読んでくださいね^^

⇒青汁を飲む効果効能の記事はこちら

⇒初めて青汁を飲む方への記事はこちら